IR情報

TOP > IR情報 > ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーポリシー

情報開示についての基本姿勢

情報の開示に関しましては、金融商品取引法等の関連法令や東京証券取引所が定める適時開示規則に則った情報開示を適時・適切に実施するとともに、投資判断に影響を与える重要情報については、全ての市場参加者が平等に入手できるよう努めます。
開示する情報は、東京証券取引所が提供するTDnetを通じて公開するとともに、東京証券取引所内記者クラブ(兜倶楽部)および名古屋証券取引所内記者クラブを通じ報道機関への公表を行っております。 また、TDnetにて公開した情報は、迅速に当社ウェブサイトに当該情報を掲載いたします。 このほか、国内在住株主の方々には報告書および中間報告書を送付し、事業の進捗状況をお知らせしています。

業績予想および将来の予測について

当ウェブサイトで記述されている業績予想および将来予測は、現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した予想であり、潜在的なリスクや不確実性が含まれています。
そのため、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されている将来の見通しとは異なる可能性があることをご承知おきください。

IR活動自粛期間について

決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表前の約3週間をIR活動自粛期間(クワイエットピリオド)とし、この期間については決算に関するコメント・お問い合わせに対する一切の回答を控えさせていただくほか、個別ミーティング、会社説明会の開催を控えさせていただきますのでご了承ください。ただし、自粛期間中に発生した事象が適時開示に該当する場合には、適時開示規則に従い適宜公表いたします 。