会社概要

TOP > 企業情報 > 沿革

沿革

1955年7月 寝具のレンタルを目的とする東海綿業(株)(現・当社)を岐阜市に設立。
1962年9月 岐阜県羽島市に羽島工場を建設し、病院用寝具のレンタル事業に進出。
1965年11月 大阪営業所(現・大阪支店)開設。関西に進出。
1967年5月 関東営業所(現・横浜支店)開設。関東に進出、並びに工場を設置。
1968年5月 ダストコントロール商品の販売を目的とする日本リースキン(株)を設立。
フランチャイズシステムに基づくリースキン・エンタープライズ・チェーンを組織し、全国展開を開始。
1975年10月 岐阜県羽島市に事務所を建設し、本社機能を移転。
商号を(株)トーカイに変更。
1985年10月 日本リースキン(株)が建物の清掃管理業を開始。
1986年4月 当社が日本リースキン(株)を含む4社と合併。存続会社を当社とする。
1987年7月 病院給食事業を開始。
1988年12月 名古屋証券取引所市場第二部へ上場。(2011年5月に上場廃止。)
1989年2月 岐阜市に新本社ビル完成、本社事務所として本社機能を移転。
1990年10月 給食事業を目的とするトーカイフーズ(株)(現・連結子会社)を設立。
1991年7月 ビジネス情報の提供を目的とする(株)日本情報マート(現・連結子会社)を設立。
1993年5月 寝具類の製造、加工を目的とする(株)サン・シング東海(現・連結子会社)を設立。
1994年4月 日本綜合化学(株)を完全子会社化し、商号をトーカイ管財(株)(現・(株)ティ・アシスト)(現・連結子会社)に変更。
1995年10月 調剤薬局事業を目的とするたんぽぽ薬局(株)(現・連結子会社)を設立。
1996年4月 介護用品レンタル事業を本格的に展開。
2002年10月 ダストコントロール商品の交換、配送事業を目的とする(株)リースキンサポート(現・連結子会社)を設立。
2003年11月 飲用水の宅配を行うアクアクララ事業を開始。
2005年6月 横浜支店に病院リネン新工場が完成。バッグ・コンベアーシステムを導入し洗濯・脱水・乾燥工程を自動化。処理能力を1.5倍に拡充。
2005年6月 大豊商事(株)の株式を取得し、その子会社4社((株)トーカイ(四国)(現・連結子会社)、(株)プレックス(現・連結子会社)他)と共に当社グループ加入。
2007年8月 (株)トーカイ(四国)(現・連結子会社)は大豊商事(株)を吸収合併。
三重県での営業強化のため、(有)山本綿業(現・連結子会社)の全株式を取得し子会社化。
2008年10月 関東における営業強化のため、(株)エム・イー・工房(現・連結子会社)の全株式を取得し子会社化。
2009年3月 羽島本部に病院リネン新工場が完成。サージカルリネン対応可能な滅菌洗濯設備を導入。処理能力は従来の2倍まで増産可能に。
2010年3月 東京証券取引所市場第二部へ上場。
2011年3月 東京証券取引所市場第一部へ上場。
2011年10月 (株)エム・イー・工房を吸収合併。
2012年4月 (株)トーカイ(四国)の介護用品レンタル事業を、会社分割により当社が承継。
2013年4月 (株)ティ・アシスト(現・連結子会社)が(株)ビルメン(現・連結子会社)の全株式を取得し子会社化。
2014年3月 九州メガソーラー(株)(現・連結子会社)の全株式を取得し子会社化。
2016年3月

京都府八幡市に病院リネン・介護用品レンタルの新たな生産拠点となる関西メンテナンス工場が完成。

2016年11月 トーカイフーズ(株)(現・連結子会社)が(株)クックサービス(現・非連結子会社)の全株式を取得し子会社化。